THREEC

CRUSH & COMPANY GROUP   採用情報 会社概要

ウブロ、カルティエ、タグホイヤー、ブライトリング、パネライ、オメガなど高級時計やメガネの正規代理店です。

News

TAG HEUER ~伝説の時計再び~ Vol・3

こんにちは、THREEC新潟 津沢です。

 

今日は、Autaviaの続編 Vol・3オートマティック編です。

 

Autaviaが手巻きから、自動巻に変更されたのが、1969年

 

この1969年は、クロノグラフの自動巻機構の時計が数多く発表されています。

 

ブライトリング、ホイヤー・レオニダス、ハミルトン・ビューレン、デゥボア・デプラの共同開発で、

 

ビューレンの薄型2針時計用の自動巻きムーブメントの上に、

 

デゥボア・デプラのクロノグラフモジュールを重ね合わせたものが発表されました。

 

これが【クロノマチック】と呼ばれたキャリバー11です。

 

同年5月にSEIKO社からキャリバー6139が開発、あまり大きく取り上げられていませんでした。

 

同年9月にZENITH社から、毎時36,000振動の【エル・プリメロ】が発表されます。

 

HEUER社では、Carrera,Autavia,Monaco等、クロノグラフ搭載モデルが、次々と自動巻に

 

変更されて行きます、

 

Heuerautavia1163mk2siffert Ref 1163 T (Calibre 11 c.1969) serial

          Autavia 1163MK2  Siffirt Model

   1969年に発表された、自動巻のAutavia

このモデルは、見たことある方も多いと思います、2003年に再販されたAutaviaは

 

このモデルをベースに作られました、細かい部分も同じように再現されていました。

 

細かい部分を言ってしまえばキリがないのですが、見た目で解るのが、プッシュボタン

 

の形が大きき違います、復刻版はプッシャーが、四角、このモデルは、丸型なんですが

 

溝が掘られたプッシャーになっています、これは手巻きのモデル7863Dateのモデルから

 

変更になったプッシャーを使っています。ケースのデザインも、73363から続いている

 

デザインで1960年代後半から1970年代前半に、他ブランドでも多く見受けられる

 

ケースデザインです。

HeuerAutavia1163Siffert_39_5

 

同年、キャリバー14自動巻GMTクロノグラフも発表しています。

 

1972年に、キャリバー12に代わる、もう少し安価で量産できる

 

キャリバー15を発表します、モデルNO、1563

 

heuer-autavia-1563exotic_116_2

 

その後、1972年から1973年にかけ、ケースを新しくしたモデルが誕生します。

 

NO.11630 風防がプレキシー風防から、ミネラルクリスタル風防に変更され

 

ケースを上から見たときに、プッシュボタンが隠れたケースに変更されています。

heuer-autavia-11630_43_2

 

このモデルは、キャリバー12とGMT用キャリバー14が使われていました。

 

風防をミネラルクリスタル風防に代えることで防水性も上がり、1980年代初頭には

 

Autavia Diver 100を発表

heuer-autavia-11063p-diver100_53_9

針を、メルセデス針、ベゼルもダイバーズらしく逆回転防止ベゼルと

 

ロレックスのスタイルに近いモデルとなっています。

 

この時代は、針、ベゼルがいろんな種類があり提供されていました。

 

heuer-autavia-11630gmt_11630 GMT (Calibre 14 c.1974)

        11630GMTキャリバー14

 

1985年、HEUERネーム最後のAutaviaが発表されます。

 

heuer-autavia-113603-black-pvd_126_1

3種類のPVDコーティング(黒、オリーブグリーン、シルバー)と金メッキが

 

あり、PVDコーティングは1970年代からあったのですが、技術が完璧ではなく

 

退色や欠けたりするものが多いようです、写真のAutaviaもPVDが角の部分は

 

こすれて薄くなっています。

 

heuer-autavia-113603-black-pvd_126_4

裏蓋には、HEUERのロゴが刻印されています、それまでは、刻印が無く

 

HEUERのシールが貼られていました。

heuer-autavia-113603-black-pvd_126_6

   これが、HEUERネーム最後の AUTAVIになります。

 

 

時代が変り、HEUERも1985年、TAGグループの傘下に入りTAG HEUERと

 

社名が変更され色々なモデルが発表される中、AUTAVIAの時代は終わりを迎え

 

過去の物として消えていきました。

 

1999年、LVMH(ルイヴィトン・モエ。ヘネシー)の傘下に入り、再びAUTAVIA

 

が、2003年に復活しました。

 

tag-heuer-autavia-reissue-cy2110_30_1

        AUTAVIA RE-EDITION

 

 

自動巻きに変更された、1163MK2と同様にカラーも一緒で復活しました。

 

この時代にAUTAVIAを購入されたお客様も多く、AUTAVIAといえばこのモデル

 

という認識の方達が大多数と思います、事実、修理に関してもこのモデルが

 

一番多いようです。

 

tag-heuer-autavia-reissue-cy2110_30_6

 

 この時代は、多くのモデルが復刻されています、Autaviaをはじめ

 

Monaco, Monza、Carrera、Talga,Florioなどつぎつぎと復刻され

 

人気を集めていました。

 

しかし、どのモデルも短命に終わり、現在モデルとして生産されているのは

 

MONACOのみとなり大部分が、生産を終了しています。

 

*Carreaは、モデルチェンジを繰り返し残っています

 

当時の面影を残した、クラッシックなモデルが今日までTAG HEUERには在りませんでした。

 

ですが!、時計業界のクラッシック回帰の流れに乗り、ついにTAG HEUERも

 

AUTAVIAを復活させました!!

 

CBE2110

  2017年に、AUTAVIAが復活

初代手巻きモデル2446の3番目の文字盤、Rindtモデルに

 

近い雰囲気です、アワーマーカーの夜光塗料の位置が違うのと

 

12時間と秒の積算計の位置が違うだけで、そっくりですね。

 

積算計の位置が違うのは、積んでいるムーヴメントの違いから

 

でしょう、当時は、VaJoux72、現在は、TAG HEUERオリジナルの

 

キャリバー02、より進化したAUTAVIAが戻ってきました!!

 

クラッシック、ヴィンテージはいつの時代も、愛され変ることはありません

 

そして、2019年は、AUTAVIの原点に戻り、現代の解釈で

 

NEW AUTAVIが発表になりました!!

 

新しいAUTAVIAは、また次回のVol.4で話したいと思います。

 

 

 

 

 

Category

Archive

古町

スリーク新潟
〒951-8063 新潟市中央区古町通6-959-2 TEL 025-210-2511
最寄り駅:新潟駅 営業時間:11:00-20:00 通信販売:あり
主な取り扱いブランド
HUBLOT(ウブロ) / CARTIER(カルティエ) / OMEGA(オメガ) / OFFICINE PANERAI(オフィチーネ パネライ) / MONTBLANC(モンブラン) / BREITLING(ブライトリング) / IWC(アイダブリュシー) / GRAND SEIKO(グランドセイコー) / ZENITH(ゼニス) / TAG HEUER(タグ・ホイヤー) / HAMILTON(ハミルトン)

万代

スリークBP
〒950-0909 新潟市中央区八千代2-1-2 ビルボードプレイス2F TEL 025-249-0130
最寄り駅:新潟駅 営業時間:11:00-20:00 通信販売:あり
主な取り扱いブランド
TAG HEUER(タグ・ホイヤー) / BREITLING(ブライトリング) / BALL WATCH(ボールウォッチ) / Bell&Ross(ベルアンドロス) / NOMOS(ノモス) / EDOX(エドックス) / SINN(ジン) / SUUNTO(スント) / GAGA MILANO(ガガ ミラノ) / TENDENCE(テンデンス) / LOGINES(ロンジン) / CITIZEN(シチズン) / LACO(ラコ)

富士見

スリーク富士見
〒354-8560 埼玉県富士見市山室1-1313 ららぽーと富士見 1F TEL 049-293-1874
最寄り駅:鶴瀬駅 営業時間:10:00〜21:00 通信販売:あり
主な取り扱いブランド
TAG HEUER(タグ・ホイヤー) / BREITLING(ブライトリング) / HAMILTON(ハミルトン) / CASIO(カシオ)